アフターピル

注意事項

  • 当院で取り扱いのあるピルは全て自費診療のものとなります。(保険が使えません)
  • ピルを処方するためには女性の方の診察が必要です。
  • 妊娠中、授乳中の方へはピルの処方は行っておりません。

アフターピルとは

アフターピルとは避妊に失敗した時※に、妊娠する確率を下げるために内服する薬です。

※避妊に失敗するとは

少しでも「妊娠の可能性がある」と感じたら、それは避妊の失敗ということになります。 注意すべき点としては、例えばコンドームを適正に使用しても年に2%程度妊娠する可能性がある(ちなみに適正に使用しなければ20%程度)ことです。 そのため、女性側が避妊用ピル(子宮内避妊器具)を使用しているか、または男性側がパイプカットをしていない限りは、常に避妊に失敗している(アフターピルの内服によって妊娠の確率を下げることができる)と考えても良いかもしれません。 ただし、これらを適切に使用しても妊娠の可能性をゼロにすることができるわけではないということは覚えておきましょう。

アフターピルの種類

アフターピルには以下の3種類があります。

  1. ヤッペ法(中用量ピル)※当院では取扱なし
  2. レボノルゲストレル:避妊失敗後72時間以内に内服
  3. ウリプリスタール:避妊失敗後120時間以内に内服

当院では避妊率と副作用の観点から、レボノルゲストレル及びウリプリスタールのみ処方を 行っています。

アフターピルの副作用

ヤッペ法(中用量ピル)は吐き気、頭痛、下腹部痛などの副作用が強く出やすいと言われています。また避妊率もその他の成分に劣るので、当院では処方を行っていません。

レボノルゲストレル、ウリプリスタールについては、吐き気、頭痛などの副作用の報告自体はあるものの無症状の人が大半で、また避妊率もヤッペ法よりも高いです。

※内服後2時間以内に嘔吐した場合は飲み直しとなりますのでご注意ください。

アフターピルの料金

診察料
無料
ノルレボ錠1.5mg(レボノルゲストレル)
17,600円
レボノルゲストレル錠1.5mg「F」(レボノルゲストレル)
9,900円
i-pill(レボノルゲストレル)
5,500円
ella30mg(ウリプリスタール) ※120時間以内の内服可
13,200円

ご予約・ご相談

WEB予約

当院は予約優先制です。予約はWEBよりお願いいたします。(予約なしの場合待ち時間をいただく場合がございます)

WEB予約はこちら

LINE友達追加

ご質問、お問い合わせはLINE公式アカウントよりお願いします。

友だち追加